日記・コラム・つぶやき

女子十二楽坊 「女子十二楽坊」仕掛人自己破産へ

女子十二楽坊 「女子十二楽坊」仕掛人自己破産へ "中国美女12人を集めた民族楽器ユニット「女子十二楽坊」を日本で大ブレークさせたレコード会社が、自己破産手続きを進めていることが24日までに分かった。  この会社は、ミューチャー・コミュニケーションズ(本社・東京都、塔本一馬社長)で、関係者によると、負債総額は約3億4000万円。すでに、所属アーティストなどの契約先に、弁護士名で、資金繰りがつかないため、裁判所に対し自己破産手続きの準備中であることを通知している。  優秀なスタッフの流出や、過剰な宣伝費の投入などで、昨年12月ごろから経営状態が悪化していた。アーティスト育成の援助などで同社に資金援助していたプロダクションもあり、音楽業界に不安が広がっている。  2003年3月に、社員数わずか14人で同社を立ち上げた塔本氏は、これまでにCBS・ソニー、ポニーキャニオン、ワーナー・ミュージックなど大手レコード会社で、「おニャン子クラブ」やエンヤを大ヒットさせてきた名物宣伝マンとして知られる。  同年、最初に手がけた「女子十二楽坊」は、中国では、ブレークの兆しを見せていたとはいえ、日本では、まったく無名。にもかかわらず、初回のアルバム出荷枚数をいきなり3万枚に設定する強気の戦略で、大手レコード店からは、「業界の常識の10倍だ。そんなに売れるのか」と驚きをもって迎えられた。  しかし、大量のテレビCMや番組タイアップに約2億円の宣伝費を投入したことで、“中国版モーニング娘。”として売り出しに成功し、約200万枚を売り上げる奇跡的なヒットにつながった。  “癒やし系音楽”の火付け役でもあった「女子十二楽坊」は、NHK紅白歌合戦出場を果たし、04年には武道館公演を成功させている。  また、タイや韓国の人気歌手の日本プロデュース、“大沢親分”の孫でアイドルの大沢あかね(21)のCD発売なども手がけていた。  なお、中国本土では、「女子十二楽坊」は活発に芸能活動を続けている。

女子十二楽坊

Ws000013

女子十二楽坊の舞台裏 PART1

女子十二楽坊の舞台裏 PART2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶頂請負人 官能映画、小松千春VS四十八手を操る

小松千春 "超ド級の官能映画、小松千春VS四十八手を操る“絶頂請負人”とは…… " "「夜王」「嬢王」など、夜の世界を描いた作品でカリスマ的な人気を誇っている倉科遼の漫画「艶恋師 (いろこいし)」が、世の中年男性に人気絶頂の小松千春主演で映画化された。  物語の主人公は、神楽坂の花街で芸者の子として生まれ、料亭の女将に三味線と禁欲を厳しく仕込まれながら育てられる男、菊之介。不幸な女の身と心を救う“竿師”となるための女修業を積み、“竿師・菊之介”となるまでの軌跡を描く。  “菊之介”が女修行の旅先で出会う居酒屋の女将・雪乃役を体当たりで演じるのが小松千春。 小松は、“菊之介”役を演じる、Vシネマで活躍中の中倉健太郎との激しい濡れ場に、オールヌードで挑戦している。また、本作には、元ギリギリガールズの荒井美恵子も出演。菊之介に性の手ほどきをし、“男”にする、芸者・牡丹役を官能的に演じている。  きわどいシーンが満載の本作には、性を極めた竿師が繰り出す“秘技”が多数登場。なかでも“菊之介”が得意とする中国4千年の歴史を誇る超秘技「後向女性仰臥男性座位=“きぬた”」は必見! とても想像することができないほど、ややこしい名前の“超秘技”とは!? その全ぼうは、7月8日に明らかとなる!" 小松千春 四十八手を操る PART1 四十八手を操る PART2

Ad1_4

| | コメント (0) | トラックバック (1)